CATEGORY

コラム「仏音」

仏音(ぶっとん)とは、昭和43年(1968年)より発行している寺報「圓福寺だより」にて、当山住職が連載しているコラムのことです。 創刊48年目の「圓福寺だより」のなかから、厳選したコラムをお届けいたします。圓福寺住職による法話と思ってお読みください。

  • 2017-10-16
  • 2017-12-21

腹悪しき者をば、天は守らせたまわぬ

column No.051     日蓮聖人は、崇崚天皇御書に「腹悪しき者をば天は守らせ給わぬ」と書かれています。   「悪い考えを持って生きている者、短気の者は仏様が守ってくれない」という意味です。     短気は損気   昔から、短気は […]

  • 2017-08-08
  • 2017-08-08

顛倒(てんどう)の人々

column No.050     我々は本来、清浄な心、正しい考えを持っています。   しかし、顛倒とは、煩悩のため心が濁り汚れて、考え方が間違い迷っている状態をいいます。   私たちの心の顛倒に大別して、四種類あります。     四種類 […]

  • 2017-07-13

お盆によせて

column No.049     苦しんでいる先祖を楽にする   お盆とはどういう意味かといいますと、倒懸(とうけん)といい、逆に吊されているとても苦しい状態のことをいいます。   お釈迦さまの弟子で神通力第一といわれた目蓮尊者(もくれんそんじゃ)が、亡き母 […]

  • 2017-06-20
  • 2017-06-20

蓮華の心

column No.048     美しい蓮の花は、泥沼の中から出てくるのです。   あの汚い泥の中から生まれ育ってくるのです。泥の中に、キレイな花を咲かせる何かがある、ということです。     汚れたなかから、美しい花を咲かせる   お経 […]

  • 2017-05-30

目に見えない世界のこと

column No.047     この世は対称的なことで成り立っているといえます。   陰陽・善悪・高低・明暗・好き嫌いなど・・・。   色(しき)・心(しん)という私たちの体は、「目に見える肉体」と「目に見えない精神」とで成り立っています。   […]

  • 2017-04-23

懺悔について

column No.046     テレビ番組で、圓福寺のお守りである「懺悔守り」が紹介されました。   昨年より少しずつですが多方面で紹介されるようになったのは、懺悔することの大切さを感じる人や、懺悔したいと思う人が多くなったからだと思います。   &nbs […]

  • 2017-04-04
  • 2017-04-06

目に見えないもの

column No.045     常日頃、思うことがあります。   毎日のように、交通事故、海・山・川などでの事故、悲惨な事件が後を断ちません。   特に夏の期間中は、海・川・交通事故等が多く起こります。夏休みのため、家族、友人などと外へ出る機会が多くなるた […]

  • 2017-03-04
  • 2017-03-07

供養について

column No.044     日蓮聖人は、供養について次のように述べております。   「後生を訪わざれば、悪霊となりて、子々孫々に祟りをなす」と。     亡くなった後も供養を続けることが大切   普段の生活で、私たちは親子、家族、友 […]

  • 2017-02-28

悩みを解決するには

column No.043     近年、ますます不幸・不安・残忍な社会現象が多くなっています。   いじめや殺人、それも親殺し、子殺しなど、考えられないような事件が頻発しています。交通事故なども、必ず毎年起きています。   今後どうなるのが不安で一杯になりま […]

  • 2017-02-25

病気になる種々の原因

column No.042     病気になるのは、日常の生活習慣、遺伝などが原因と言われています。   仏教では、病気になる原因はもっと多くあると考えられています。     病気になる原因(仏教の考え)   そのなかで、いくつか挙げてみま […]