五段御守について

五段御守は「法華経」の素晴らしい力が込められており、その力によって悪い気から身を守る魔除けのお守りです。

五段とは

五段とは、日蓮宗の修法における「五段の因縁」と呼ばれる5つの霊のことです。

死霊・生霊・狐著(こちゃく)・疫神(やくじん)・咒詛(じゅそ)の5つ。

〇 死霊・・・亡くなった人が苦しんで頼ること。
〇 生霊・・・生きている人の恨み。
〇 狐著・・・動物への虐待や殺生などによる恨み。
〇 疫神・・・流行病(はやりやまい)。
〇 咒詛・・・相手を呪うこと。

こういった5つの因縁から身を守る、魔除けのお守りです。

五段御守の画像02

油断やスキをみせない

心に油断やスキがあると、こういった因縁が頼ってくることがあります。

五段御守は、巻物状になっており、この中に鬼や魔に効くお経「陀羅尼(ダラニ)」が書かれております。 普段から五段御守をバッグなどに入れて身に着けてもよいですし、または普段はお家に置いておいて、大切なとき(旅行・試験・手術・緊張する場面など)だけ持って行かれてもよいでしょう。

五段御守の画像02

※ 圓福寺の御守りは、すべて開眼(魂入れ)しております。大切に扱っていただきますようお願いいたします。

※ 大きさ:長さ 7cm 厚さ 1cm

※ 1体1,000円です。

お子様への特別な五段御守

Special godan-mamori

お子様への特別な五段御守

お子様への特別な五段御守

年に1度だけ授与するお守り。

さらに詳しく

神楽坂 圓福寺 お守り受付所 OPEN!

全国の皆さまへお届けできるよう、お守り受付所をオープンいたしました。こちらでも五段御守のお取扱いをしております。